腕振りはどうすればいい?

腕を振るのが目的ではない

腕振りは走りにおいて重要、腕振りで脚が速くなる。

これは、間違いないです。腕が上手に使えるだけで走りの質がぐぐっと良くなります。逆を言えば間違った腕振りをしてしまうと、一気に動きが悪くなります。

では、いい腕振りと悪い腕振りの違いは何なのか?

ここで、質問です。みなさんが走るときの目的は何でしょうか?ここのサイトに来る人は速く走りたくて来ているはずです。そう、速く走るのが目的です。

では、みなさん、走るとき、腕振りを意識するとき・・・。速く走ることよりも腕を振るという目的の方が、速く走ることよりも先に来ていませんか?間違いなく、腕振りは大事です。でも腕振りを意識しなくても速く走ることができます。腕振りを「より上手にできること」が大事なだけで、『走る動作を無視して腕をふることは必要ない』のです。

良い腕振りとは??

では、良い腕振りとは何なのでしょうか?そのヒントは走りの3つのポイントから考えます。

  • 重心移動(身体バランス)
  • バネ
  • タイミング

この3つが、走りのポイントです。この3つのポイントを邪魔しないで、より良い動きを作れる腕振りが良い腕振りです。この中で一番大事にしたいのが「タイミング」です。走りは毎回、軽いジャンプを片脚でし続けます。いい走りはリズムが非常にいいのです。そのリズムに合わせて腕だけではなく、肩も含めた腕全体で弾んであげるイメージです。縄跳びやトランポリンを飛ぶときの上半身の使い方にとても似ています。

腕は振るというよりも、弾ませることが重要です。腕を振っているように見えるのは、おへそ辺りを中心に上半身と下半身が捻れて、左右に体重移動しながら、前に進んでいくと腕は自然と前後に振られるので、いい腕振りは力強く前後に振っているように見えるのです。
※トップ選手は弾む瞬間に僅かに前後へ腕が動く力を込めているとは思いますが、そこまで振ることを意識はしていないはずです。

全体のバランスを壊さない

腕振りは、重要な動作です。そして、「腕振り」と呼んでいるので、腕をブンブン振りたくなるんですが、腕を振っても身体は前に進まないので、大事なのは、走りの3つのポイントで、この3つのポイントをより強調するときに腕振りを効果的に使えるといいというくらいのイメージがちょうどいいのです。

走りの全体の動きに腕の動きを合わせる、そして上手に全体の動きを腕でタイミングをとってあげる。この上手いバランスが作れると、皆さんの走りが一歩レベルアップします。大人でも子供でも大事なポイントです。

分かりやすいトレーニングは【スキップ】です。自然と腕が振られるので、どこで腕振りを強調したらいいのかやっているうちに、気付きがあるはずです。子供も難しく考えずに、楽しんでできるトレーニングなので、非常におすすめです!今すぐ、スキップしながら腕振りのコツ、掴んでみましょう!