どうやったら速く走れる??

「速く走る」ということを考えてみよう

どうやったら速く走れるのか?では、速く走るってどういうことなのか??

いや、だって速く走るには速く走るということをよくわからないとトレーニングしようがないですよね?料理を作ろうにも、レシピを知らないとどうにもならない。食材の扱い方や包丁の使い方の知識や技術がどんなにあってもレシピがなければ料理にならない・・・。

ということで、速く走るとはどういうことかを考えてみましょう。

自分の身体(重心)を前に速く移動させる

速く走る。

走るというので、腕を振るとか足で強く蹴って、大きく腿を上げて・・・。と考えてしまうのですが、走るというのは自分の身体(重心)を前に速く移動させることです。そして歩きも身体を前に移動させる運動なのですが、当たり前ですが、走りの方が速い。走りと歩きの違いは、一歩一歩空中に弾むということ。

これがスムーズに前に弾んでいけば速く走れます。

腕の動き、脚の動きが重要なのではなく、弾んで前に重心を移動させることがポイント。

そのためには速くなる3つのポイントを意識しないといけません。

重心移動(バランス)、バネ、タイミングを意識する

前に身体を運ぶには、身体の中心(重心)がイメージできて、そしてその重心を移動させるバランス感覚が重要になります。そのためにはいい姿勢かつ、片脚でもバランスよく立てること。そして、バランスを崩すことも自在にできることが重要です。

ただ、バランス感覚に優れていても、バネがなかったら走りに躍動感が出てきません。躍動感がない走りは、当たり前ですが大きな力を生み出していないので速く走れません。少なくとも縄跳びの二重跳びを跳べるだけのバネ感覚がないと一定の速さは見込めません。

バランス感覚に優れていて、バネがあっても両方が合わさるとリズムが狂う人がいます。これでは速く走れません。重心移動する方向、バネの方向、全身が連動して動くタイミング、これらが一定のリズムで繰り返されます。このタイミングが崩れてはどんなに重心移動がうまくて、バネがあってもだめです。

これらの3つのポイント

  • スムーズな前方への重心移動(バランス感覚)
  • より強いバネ(パワー)
  • タイミング(リズム感覚)

これらの要素がそれぞれで卓越して、融合することがポイント。

どんな練習が良いの?

これらの要素を学ぶいい練習が

  • スキップ
  • 縄跳び
  • 鬼ごっこ

この3つです。

スキップはタイミングと重心移動、縄跳びはタイミングとバネ、鬼ごっこは重心移動の練習になります。遊びながら練習できることは、子供のうちの運動能力の向上には欠かせません。中学や高校だと、意思を持ってトレーニングをすることは可能ですが、小学生以下は「楽しいか・楽しくないか」が先行しますから、楽しく運動能力が上がるのが一番

これらは大人でも一緒です。子供と一緒にお父さんお母さんが遊びながら動くのはいいかもしれませんね。自分の日頃の運動不足の解消とともに、子供と一緒にトレーニング。いい親子の時間にきっとなるはずです。