バネの基礎

バネの基礎もこれまた姿勢に始まります。

ニュートラルポジションからアクセルポジションのどこからの重心の高さで
跳ぶことがポイントです。
正確にはニュートラルとアクセルのポジションを行ったり来たりするのですが、
これを意図的に行うことができるのは一定レベル以上のアスリートのみなので、
ここは割愛します。

さて、ポイントは前述の姿勢。
※詳細はコチラ。

いつものポジションのとり方を意識してください。
中心軸と、体重を支える位置がポイントです。

さて、ここでなぜ重心の高さがポイントなのか?
それは・・・

【高いところから跳ねたほうが強く跳ね返るから】

当然過ぎる話ですが、この地球の自然法則の大前提を無視しがちです。
なぜならば走りもバネも”脚で作るもの”と多くの人が思っているから。

しかし、バネは”上半身から作り出し、脚を通して地面に力を伝えて、
すぐさま返ってくる反発力を足を通して上半身で増幅させる”
この一連の動作で作られます。

縄跳びジャンプとスキップ