タイミングの基礎

■タイミングの基礎は重さを感じることから

タイミングの基礎は、姿勢とバランスが作れるようになってから、
そこからバネとともに一緒に鍛えるのがベストです。

リズム感とも言いかえても良いこの能力は実は、全身で自分の体重を
自在に支えることができないとリズムやタイミングが取れないからです。

リズムは結局、全身の揺らぎの中でテンポを取る。
その揺らぎはどこから始まるか?そこにリズム感の答えがあります。

それは背骨(脊椎)です。

この背骨(脊椎)で揺らぎを作れないとリズム感は生まれません。
これは正しい姿勢を作ってから出ないとできません。

1,姿勢をづくりのメトロノームの動作からゆらゆら揺れる動作を作る
2,ゆらゆら左右に揺れるときに自分の体重の重さを感じる
3,一番重さを感じる前後が力を入れるタイミング

3番目までがタイミングを作る基礎になります。

■スキップでタイミングをより掴む!

この重さを感じる瞬間が分かれば次はスキップでタイミングを掴みます。
スキップは自然な体重移動とバネが作られるので、
タイミングを意識することが非常に簡単だからです。

自分の体重の重さを感じる瞬間の前後に腕を入れ替えるタイミングを強調します。
これでかなりタイミングがとれます。

より意識するためには3歩のリズムでバンザイをしながらスキップをするのがお薦めです。