姿勢の基礎

アクセルポジション、パワーポジション(ニュートラルポジション)、ブレーキポジション

まずはニュートラルポジションとなるパワーポジションをしっかりマスターしたい。
これを両脚で支えるのを初歩にして、片脚でも支えられるようにする。

ポイントはしっかりと骨盤に乗ること。
細かいところはたくさんあるが要素は絞って。

  1. 踵を付けて少しつま先は開く。
  2. そこから上に引っ張られるように姿勢を作る。
  3. 丹田(おヘソの少し下)に力を入れる

これがパワーポジションの作り方。
子どもたちの場合はこれを理解することが難しいのでステップは変わります。
※おとなが学ぶ正しい姿勢はコチラから

ベースはアクセルポジションとしている姿勢です。
このポジションの作り方は

  1. 踵を付けて少しつま先は開く
  2. そこから胸のあたりまで体重を持ち上げる

この2つです。細かいことはもっとありますが、子供にはこれだけで良いです。

そこから更に片足での姿勢づくりがポイント。
これは片脚で支えながら、左右交互にメトロノームのように揺られる
体操をするとしっかり骨盤に乗ることを徐々に学べます。
※写真かイラストを引用
この体操を家でぜひ繰り返してください。これができればまず、
姿勢の基礎はクリアです。

まずは骨盤・お尻でしっかり体重を支えられること。
そして片脚で体重を支えられること。
これをクリアできないと正しい走りを行うことはできません。

ファーストステップ、しっかりとマスターしましょう。