どういうストレッチがいいの?

主動筋と拮抗筋
多くの人は拮抗筋を伸ばす
でも上手にストレッチするひとは主動筋を縮めることで
拮抗筋を伸ばす。
主動筋の収縮範囲を広げることで、伸びる範囲を広げる。
柔軟性がないは関節の可動域が狭いと同義
そして関節の可動域は筋肉の可動域と同義
伸びない筋肉は縮むこともできない筋肉
つまり使えていない筋肉
上手にストレッチすると今まで使ってなかった筋肉が目覚め
パフォーマンスが向上します
単純にその運動に係る筋肉が増えるから力が上がるということ
その正しいストレッチをイメージするなれば
前屈するときに腿裏を伸ばすイメージを皆さんします。
が、正しくは前腿を縮めながら腿裏を伸ばします。
さらにふくらはぎを伸ばしつつ、スネの筋肉を縮めます。
こうすると一気に前屈の角度が深くなる。
これと同じ理屈で他の関節も可動域を広げる