タイミングの基礎

タイミングの基礎は、姿勢とバランスが作れるようになってから、
そこからバネとともに一緒に鍛えるのがベストです。

リズム感とも言いかえても良いこの能力は実は、全身で自分の体重を
自在に支えることができないとリズムやタイミングが取れないからです。

リズムは結局、全身の揺らぎの中でテンポを取る。
その揺らぎはどこから始まるか?そこにリズム感の答えがあります。

それは背骨(脊椎)です。

この背骨(脊椎)で揺らぎを作れないとリズム感は生まれません。
これは正しい姿勢を作ってから出ないとできません。

  1. 姿勢をづくりのメトロノームの動作からゆらゆら揺れる動作を作る
  2. 手脚のタイミングを合わせる動作を作る
  3. 全身で揺らぐ動作を作る

3番目までくれば後は様々なリズムのスキップをトレーニングして、
このリズム感を更に鍛えます。